Archive for the ‘時短勤務’ Category

育児時間を確保したいのなら派遣社員に

木曜日, 3月 30th, 2017

育児中の女性にとって働けるかどうか、という基準になるのが、育児に必要な時間をきちんと確保できるかどうかでしょう。看護師の仕事の場合には現場の忙しさを思い起こしてみると、育児のための時間を毎日必ず確保するのは難しいと判断してしまいがちです。

しかしよく考えてみると気づくのは、ただ忙しいからというわけではなく、時間に拘束を受けてしまって自由に働けないのが原因であるとわかるかもしれません。病院などの施設と直接の雇用関係がある場合には、残業を命じられたら断ることは原則としてできず、時間外労働を求められたら行わなければならないのです。それを原則として考えなければならないために、育児と仕事の両立が難しくなっています。

その解決策として、派遣看護師として働く道があると知っておきましょう。派遣看護師の場合には病院などの施設と直接の雇用関係はありません。あくまで派遣会社の社員として派遣されている立場にあり、その派遣の契約以上のことを要求されないで済みます。必要があっても残業や時間外労働を直接命じられることはなく、契約で定められている時間通りの勤務をすることになるのです。そのため、時間に自由が得られて時短勤務も実現しやすくなります。育児中の女性でも看護師として働きやすい道であるため、育児をしながら働きたいと考えたら派遣看護師になってみてはいかがでしょうか。仕事の種類も職場も豊富にあるため、自分の育児スタイルにあった職場を見つけられるはずです。

子供に合わせた働き方へ

土曜日, 3月 18th, 2017

育児中の女性は自由に働くことはできませんが、子供にうまく合わせていくと働けます。基本的な考え方として必要になるのが時短勤務であり、できるだけ無駄を省いて働くと共に、勤務条件をよく吟味して育児に負担がかからないように職場を選ぶ必要があります。近隣に職場を探して通勤に時間をかけないようにすると、勤務時間を長くできるため、職場の候補を増やしやすくなるといった考え方が基本です。

どの程度の勤務時間を考えたら良いかというのが最大の課題になりますが、子供に合わせるという視点を重視しましょう。まだ幼いうちは施設に預けている間だけ働くという姿勢が欠かせません。もし残業が必要になったとしても、施設の送り迎えが自分でできるように余裕を持った勤務ができるように職場を選ぶ必要があります。看護師の場合には育児中であるのを配慮した採用を行っている施設も多いため、パートだけでなく常勤でも働ける場合がよくあって働きやすくなっているのが現状です。

一方、学校に通うようになって大きくなってきたら、一人でお留守番もできるようになってきます。そうなったら時短勤務の制限も少し緩めて、夕方まで働ける職場に転職したり、勤務条件を変更したりすると良いでしょう。育児中は子供の年齢と性格に合わせて、うまく時短勤務を行える職場を選んでいくのが欠かせません。看護師資格を持っていると、家事も育児もしている女性が働くことを前提として選択がしやすいのが便利な点です。育児と仕事を両立したい人には時短勤務がお勧めです。こちらに時短勤務のメリット・デメリットについて詳しく書いてあるので、参考にしてみてください⇒http://workingmama-jitanjob.com/